❚ お見舞いに贈るお花について

お見舞いのお花には見ているだけで元気になれるような暖色系がお薦めです。
病気や怪我をした人へのお見舞いのお花で気を付けることは、「縁起が悪いもの」「病気や怪我を連想させるもの」を避け、なるべく明るい気分になれる色を選びましょう。
また、病室で体を動かすのが不自由な事が多いので管理のしやすいお花をお薦めします。
 
【抑えるべきポイント】

■色合いはなにを選べばいいか?

【お薦めの色合い】
ピンク系(明るく柔らかい色合い)
イエロー&オレンジ系(元気になれるビタミンカラー)

【タブーとされている色合い】
レッド系(病気や怪我を連想させる)
ホワイト・ブルー系(お悔み用のイメージが付きやすい)
 
お見舞いのお花を贈る時の注意点

■「お見舞いに鉢物はタブー」というしきたり
その理由は、「根付く」➡「寝付く」と連想されるからです。
ですが、しきたりを守ることはベターな選択ではありますが、必ずしも、贈り主と相手の方にとってのベストとは限りません。親しい間柄であれば、何が相手に喜ばれるのかを考えて贈ることが、あなたの気持ちが伝わる「フラワーギフト」となるはずです。

また、香りの強いお花は避けるのが無難です。
ユリなどの香りの強いお花は、贈られる方の病状によっては、いい香りと思えないことがあるかもしれません。
同室の患者さんの気を患うことになってしまう事も考慮すべきでしょう。
 
お見舞いに贈るお花の選び方

贈ったその場で飾れるアレンジメントが、特にお薦めです。
一般的な相場は3,000円〜5,000円程度です。

前のページに戻る

ACCESS

Address 宮城県仙台市青葉区中央1-1-1 JR仙台駅1F
Contact 0120-122-740
Tel & Fax 022-227-0410
Open / close 平日 10:00〜21:00/土日祝 9:00〜21:00
TOPへ